雑記

嫁の立場から、嫁ブロックについて考えてみた。

嫁ブロックとは?


既婚男性が妻に転職や独立を反対、阻止(ブロック)されることをいいます。

最近はこの言葉が広まってきて、もっと広義な意味合いで使われて、

まあまあな出費が伴いそうな事案に対して嫁の反対にあう。

ということを嫁ブロックと表現することもあるのかなと解釈しています。

リハビリ業界は技術や知識の向上のためにセミナーや勉強会、学会なんかが結構多くて、決して安くないものが多く、まして遠方となれば交通費などの費用もかさみます。
既婚のセラピストさんからは、セミナーに行きたいけど、嫁ブロックが。。。とかいう話もちらほら聞きます。
あとは遠方で行われる同窓会や懇親会、飲み会とかですかね。

 

我が家であった実際の話を赤裸々におはなしするよ。

 

うちの旦那トミーは、車が大好きです。
どれくらい好きかというと、新旧問わずすべての車の年式と車種がわかるくらいのガチのオタクです。
車にかける情熱はものすごいものがあります。

結婚してから、独身時代から乗っていた車が10年を超えたので買い換えました。
新しく買った車はトミーの強い希望を汲んで買いました。
10年乗りつぶすという約束で。

しかし、その3年後どうしても欲しい車があると言い出しました。

その車を買いたいといってきたのは昼ご飯を食べている時です。

私「はぁ?10年乗るって言ってたよね?」

トミー「そうなんだけど、今度欲しいのは自分がずっと乗りたいと思ってた車のイメージとすごくあってて。。。ゴニョゴニョ」

私「却下」

まあ、世間でいう嫁ブロックしてやりましたよ。
決しては意地悪ではないですよ。これは想定外の出費です。

本来は10年乗るという約束でトミーの希望を聞き、予算よりも高い車を買ったわけです。
ところがどっこい3年でかえたいという。
しかも昼飯たべながら。


即却下しつつも、トミーの車への情熱をしっているからこそ、
この後どう出てくるかで本気度を確かめてやろうと思いました。

しかしそのあと何も言わない。ただただこの世の終わりのようなしょぼくれた顔をして過ごしてるわけです。
トミーは車以外の趣味はなく、飲み会もほぼ行きません。
たばこも辞めたし、服もこだわりがないので安いので十分といいます。

車が好きすぎるのは十分わかっている。
独特の感性をもっているので不器用なところもあります。
自分の思いをうまく伝えられず、言われた言葉そのままを受け取り、
内にストレスをため込むところがあります。

このままではトミーが病むなと思ったのでこんなLINEを送りつけました。


 

 

 

 

 

名前を書きかえているのは変なあだ名で呼びあってるからだよ!すまんね()

さあ、どうでるか?!

トミーは私に提示してきました。
車の下取りと自分が貯めた貯金で60%
ボーナスのこづかいを向こう5年もらわない(20%分)
残り20%を家計からお願いしますと。

具体的に数字で出してきて、家計からの負担も極力へらした内容。
本気度が十分伝わってきたので、オッケーしました。

喜ぶ喜ぶ。ニコニコルンルンしてました。
死の淵から帰還してました(笑
)
その嬉しそうな顔をみて、うんうん。よかったなと思いました。

 

なにが言いたいかというと本気度が知りたいわけです。

 

そのセミナーに行きたい
その懇親会に行きたい
その車が欲しい

なぜそれに行きたいのか?
なぜその懇親会にいきたいのか?
なぜそれが欲しいのか?
どれだけ本気で行きたいの?!欲しいの?という話です。
嫁に1回却下されただけであきらめてしまうような事案なら、

それは本気ではない。その程度のものだったんだな。
嫁も突破できないなら、社会ではもっと無理。

と私は思ってしまいます。

私は、家庭は小さな会社のようなものだと思うのです。
もし嫁が家計を管理しているのなら、家族の未来を考え、
家族を路頭に迷わせないよう収支のバランスをとる努力をしている
と思うのです。
つまり、家庭という会社を潰さないように本気で家計を守っているということです。

本当にやりたい、欲しいなら本気でぶつかってみましょうよ。
そして嫁との普段のコミュニケーションもめちゃめちゃ大切。

転職したいが収入が減る、でもやりたい仕事だった場合。

減る分をどう補っていきますか?
新しい仕事に対する情熱はどうですか?
普段から仕事の内容や夢や、やりたい事についてしっかり嫁とコミュニケーションとれていますか?

セミナーに行きたい

セミナーの場合は費用+時間が消費されます。
つまり家族と過ごす時間が減る。
小さい子供がいると嫁の負担が大きくなるということ。

そのセミナーに行って得られるものはなんですか?
仕事にどう生かせますか?
家族の時間をどう補うことができますか?
何がなんでも身銭を切ってでも(自分のお小遣いやへそくりを使ってでも)行きたいものですか?

ぜひ自分も心に問いかけてみてください。

つまり、

嫁ブロック

ではなくて

本気度を見極める嫁フィルター

だと考えてください(笑)

 

結局は日ごろどれだけコミュニケーションがとれているかという話。

 

私もPTですのでセミナーに行きたいときは、トミーに仕事のお休みをお願いします。
だめならトミーの実家にお願いします。

そしてかならず
「子供のお世話ありがとう。勉強会に行かせてくれてありがとう。」
と絶対に伝えます。
そして帰ったらお酒を飲みながら、こうだった、ああだったと感想を話したり、内容を共有したりします。

毎日のトミーとの晩酌タイムはとても大切な時間です。

そして、ありがとうって伝えてますか?
一日のうちにありがとうって、どれくらい伝えてますか?

私はかなり意識して「ありがとうって言います。
コストも時間もかからないじゃないですか。言わなくてもわかるとでも?
案外伝わってないと思いますよ。

嬉しい感情は声にだしましょう(*^-^*)
女子はそれが一番うれしいことだったりしますよ。

参考にしてくださいね。

 

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です