にくっぺの凸凹日記

妹の入学とお兄ちゃんの気持ち

小学校生活開始

いよいよ始まりました。

保育園は3/31までだったので、4/1からはにくっぺはお兄ちゃんと一緒に学童へ行っています。

不安で泣いているかもしれない…。

ケンカしたりしてるかも…。

色々心配で胃がキリキリしてましたが、案外いけてるようです。

学童ではじっと座って何かをやるわけではないし、基本自由遊びだから大丈夫なのかな。

学童へ入る前に試みた事は

学童の先生達と顔見知りになるように、お兄ちゃんの迎え時には出来るだけ連れていくようにしました。

場所や雰囲気に慣れる事を意識して、一部の先生には入る前から名前を覚えてもらえていたので、初日に嫌がる事もなく過ごす事できました。

お兄ちゃんの気持ち

本人も疲れているでしょうが、実はお兄ちゃんにも負担をかけている事を忘れてはいけなかったのです。

学童初日の朝、

「お兄ちゃん、頼むね!!」

というと

「俺、にくっぺの面倒みるの嫌だ」

とシクシク泣き出したのです。

普段はハムスターのごとく重なり合って寝ている仲良し兄妹です。

お兄ちゃんにははっきりと診断名を話してはいませんが、私の話した事や保育園行事での振る舞いをずっとみてきてお兄ちゃんも思う事があったのでしょう。にくっぺがちゃんとやれるのか、親と同じくらいドキドキした気持ちでにくっぺを見ていたのです。

しかも5年生にもなれば友達の目や人からどう思われるかが気になる年頃です。

私達親はお兄ちゃんに少し頼りすぎていたのかもしれません。

「お兄ちゃんは自分の友達と遊べばいいよ。にくっぺの事は先生が気にかけてくれるから大丈夫。」

そう話しました。

初日迎えにいくと兄妹と男の子3人で人生ゲームをして遊んでいました。

「にくっぺ泣いてなかったし、先生の話も聞けてたよ!」と報告してくれました。

「ありがとう、お兄ちゃんが同じ部屋にいてくれたからにくっぺが安心して過ごせたんだわ。お兄ちゃんのおかげだわ。」

私達親はお兄ちゃんが妹の面倒を見ることが当たり前という価値観を押し付けないようにしなければなりません。

お兄ちゃんにはお兄ちゃんの生活がある事を忘れてはいけないと気付かされた1日でした。

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です